やっぱりソープは熟年に限ります

風俗の王道はいまでもソープランドと思っています。
ソープランドは風営法の関係で増えることはなく減っていく一方なので今のうちに楽しんでおかないとゆくゆくはなくなってしまうかもしれないですよね。
そこで、今回は新小岩のソープに行ってきました。
下町情緒満点の新小岩いいですよね。
このあたりのソープは、数は少ないのですが風格のあるソープばかりでサービスにも定評があるんです。
値段もそれなりにしますから、なかなか足が向かないのですが、それでも年に数回は行ってますよ。
今回は今年で2回目です。
新小岩のソープの中でも一番の老舗に入ってみました。
指名も私の年に近い30歳後半の女性です。
40歳代の女性もいたのですが、生憎空いてなかったんです。
で、30歳のじょせいですが、経験も20年近くてそのテクニックに股間も盛り上がります。
その経験にたがわず、フェラも69もローションからの素股プレイは絶品でした。
不覚にも素股で逝きそうだったので動きを止めてもらって、すかさずコンドーム装着で本番です。
それもすぐに果てて・・
若い子だったらこうはいかないですから、やはり熟年のテクニックですね。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

カテゴリー: ソープ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です